【レビュー付き】寝心地の世界が変わる高級枕5選Amazon評価ランキング順でご紹介

おすすめ情報

日中が眠くて仕方がない、疲れが取れない、それは枕が原因かもしれませんよ?

かくいう私も、旅行先で自分にあわない枕で寝ていると、深い睡眠がとれず、目が覚めてしまうほうです。

 

ということで、このページでは2018年11月時点の高級枕をアマゾン評価でランキングしてみました。数値の正確性のため、一定数評価数があるものからピックアップしています。評価5.0が最高評価となります。

 

スポンサーリンク

第3位その1:評価3.8 東京西川 もっと肩楽寝

整形外科医の先生が、肩こりや神経痛の原因を枕に求めた結果生まれたのがこの枕だそうです。後頭部、首、肩を3点支持する独特の立体形状がポイントです。

レビューによると、自分で高さを調節できるのもグッドポイントのようです。

twitterの声も紹介します。

硬いというレビューがちらほらあるので、硬い枕が好みではない人には向いていないかもしれません

第3位その2:評価3.8 健康枕 ASIKA

こちらも高評価の枕ASIKAですが、こんな感じで特徴が説明されています。

1:超寝心地安定 快眠

2:頸椎のサポート 肩こりに良い

3:ジェル枕でひんやりの感じ 寝心地良くていびき防止

4:ぐにゅぐにゅした感触、やわらかすぎなくて首の据わりが良い

レビューでは「低反発まくらなので、頭が包み込まれる感じ」「冷感ジェルが気持ち良い」といった、この枕独特の感想が見られました。

ファスナーが壊れていた、というレビューがちらほらあります。また、枕が硬いというレビューもあり、硬い枕が好みではない方にはあっていないかもしれません。

 

第3位その3:評価3.8 トゥルースリーパー

こんな枕があったとは、これは調べるまで知りませんでした。

腕までカバーするという巨大な枕です。

レビューでは「肩こりがなくなった」「頭だけでなく肩も含めてつつみこまれる感じ」「低反発枕は熱がこもるといわれるけれど、使っていて気にならない」というようなコメントが見られました。

スポンサーリンク

第2位:評価4.1 マニフレックス ピローグランデ

ピローグランデの最大の特徴は、誰にでもフィットする独自の特性です。

サイズが大きく肩から枕に乗せる使い方が想定されています。

これが、誰の頸椎にでも形があうという理由のひとつなんだそうです。

他の低反発枕と違い、高反発の枕で、レビューでは「とても柔らかい」「耐久性がある」という言葉が並んでいて、ほかの枕とは評価が高いところが違う感じです。

twitterのコメントもご紹介しておきます。

 

第1位:評価4.3 TEMPUR(テンピュール)ミレニアムネックピロー

枕界の帝王と言っても過言ではないテンピュールが評価ランキングでも1位です。

テンピュールの枕は、よくホテルでも採用をされています。

 

テンピュール社からはいろいろな枕が発売されていますが、このミレニアムネックピローは、僅かに前方に傾いているため、横向きや仰向きで寝ているときに首や肩を包み込んでくれるのだそう。

レビューコメントでも、「頭痛が治った」「結構かためだけど自分にはあっている」「高さがあると最初は思うけれども、寝ていると沈み込んでちょうどいい」というようなコメントが見受けられます。

冬場に冷えると硬くなるのがいまいちというレビューコメントがあります
スポンサーリンク

番外編:横向き寝専用まくらYOKONE3

横向き寝は体によい?!という説をもとに、ひたすら横向き寝専用まくらを作っている「ムーンムーン」社の最新枕YOKONE3について、まとめた記事はこちら。ご興味あったら、こちらもご覧ください。

横向き寝専用枕YOKONE3のtwitterの反応は?どこで買うとお得か比較
ひそかに気になっていた横向き寝専用まくらYOKONE2のバージョンアップ枕、YOKONE3の販売が開始されました! いつも思いますが、名前がダイレクトすぎます(笑) 日本人の43%は横向きに寝ているというデータもあるのですが...

 

まとめ:高級枕で一味違う睡眠感を!

一生のうち1/3から1/4は寝ている時間です。

熟睡できるかで日中の効率も変わってきますよね。

枕ひとつで寝る時間の充実度が変わるのであれば、一度試してみてはいかがでしょうか?

以上、寝心地の世界が変わる高級枕5選のランキングをお送りしました!