災害が起きた後では遅い!口コミと長期保存水のオススメ5選をピックアップ【志布志?カムイワッカ?】

おすすめ情報

東日本大震災の時、まっさきにスーパーなどで売り切れるもののひとつが「水」です。みなさん、まとめ買いに走りますよね。大坂の地震のときにも、北海道の地震の時にも、水が売り切れていました。

 

スポンサーリンク

みなさんの家には長期保存水が準備されていますか?

いつ地震がくるかもわかりません。神戸を中心とした西日本大震災のときも、まさか神戸に大きな地震が起きるなんて、想像はついていませんでした。日本人にとって、地震はいつどこで起きてもおかしくないものだと考えておいたほうが良いです。

災害に備えて、防災用品をそろえておいたほうが良いことはもちろんなのですが、その中で一番重要なのが「水」です。

 

あたりまえですが、人間は水を飲まないと死んでしまいます

一説によると、人間は数日水を飲まないと死んでしまうといわれています。子供のころに読んだサバイバル本だと7日と書いてあったような……

 

東京都の防災ページで推奨されているのは1人1日3リットルx3日分の計9リットルです。

ホームページリニューアルのお知らせ|東京都防災ホームページ
東京都総合防災部の公式ホームページ。東京都内の避難情報など災害に関する情報を発信するとともに、事前の備えや都の取組を紹介しています。

 

水は飲料以外にも、料理に使ったり、体をふいたり、歯磨きをしたり、時にはトイレを流すために必要になってきます。水はとても大事です。

 

志布志の自然水 災害備蓄用(5年保存水)

Amazonで検索するとトップに出てくる志布志の自然水。

長期保存が可能なように123±2℃ での煮沸殺菌をしているんだそうです。

2Lx6本x2箱で24Lなので、9Lを2人分確保しても6Lあまります。

4人家族なら2セット48L分用意しておけば十分足りそうです。

 

ちなみに500mlも用意しておくと、使い分けが便利ですよ。

 

それにしても志布志って、珍しい名前というか。

 

【15年保存水】カムイワッカ麗水

カムイワッカ麗水も人気です。カムイワッカ麗水の特徴はなんといっても15年保存!

たびたび買いなおさなくても大丈夫ということですね。口コミをみても、買い替えなくて良いことをコメントしている人が多いです。

カムイワッカは北海道の水で、「おいしい水百選」に選出される羊蹄山の湧水なんだそうです。カルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラル成分が含まれていて、体にもよさそうです。

なんといってもアイヌ語で、カムイ(神)ワッカ(水)ですからね。

カムイワッカは温泉もあるそうですよ。

500mlはこちら。

 

サントリー 南アルプスの天然水 防災備蓄用

大手のブランドが安心な方は、サントリーの南アルプス天然水で。

中身は従来品と変わらず、無添加、保存料不使用ですが、ボトルの改良で5年3ヵ月の期限延長が可能になったそうです。

 

7年 長期保存アルカリイオン水

カムイワッカの 15年まではいかないものの5年保存よりは長い7年保存の長期保存水です。また、天然アルカリ水ということもポイントです。

島根県金城(かなぎ)町の大自然の水だそうですよ。

 

海洋深層水 12年保存 DSW PREMIUM 12 YEARS

こちらも超長期保存で12年持ちます。しかも海洋深層水です。

海洋深層水は、ミネラルが豊富なんです。海のミネラル成分と血液のミネラル成分はかなり近いと言われていますが、体に良いミネラル成分を取り込むことができるのがポイントかと。

災害時は栄養が偏る部分もあるので、飲料水でミネラルがとれるのはありがたいですね。

 

まとめ

長期保存水といっても、いろいろな種類があることがわかりました。

保存年数をとるか、水自体のミネラルクオリティをとるか。

大手メーカーで考えても良いと思います。

とにかく、なにかが起きた後では遅いので、気になる方は今すぐ購入することがお勧めです。