【中高年向け】昔の英語学習法と今の学習法の違いとは?【おすすめ英語学習法】

英語学習

昔英語を勉強していたけれども、身につかなかった……と、英語の学習をあきらめるのは早いです!

昔と違って、今の時代は今の時代なりの便利な英語勉強法があるんです。

こちらのページでは、昔の英会話の勉強法と、今の時代の英会話勉強法の違いを解説します。正直、費用対効果で言ったら100倍くらい違うと思いますよ。

スポンサーリンク

昔の英会話勉強法

昔は

・本で勉強する
・単語を勉強する
・カセットテープ、CD、ラジオでリスニング力を高める
・英会話学校に通う

という勉強法が主流だったように思います。

本で勉強する

今でもそうですが、書店にいくといろいろと英語を勉強する本が売ってます。
たとえばシチュエーション別で、いろいろな例文がのっているので覚えようというようなものです。

レストランでの注文の仕方とか、仕事の中での英語の使い方とか、いろいろと載っていますが、これ、いま考えるとかなり効率が悪かったと思います。
そんな英語を使う機会なんてそうそう訪れません(笑)

英語の長文ををたくさん読むことも勉強法として良い、と言われていました。いや、きっと良いと思います。長文をよく読むことで英語の文の感覚に慣れたり、語彙を増やしたりできるからです。

私は英会話スクールに通っていましたが、そこでは課外学習としてTime誌や理系で言うとNational Geographic誌、Readers Digest誌などを読むようにアドバイスをうけていました。
National Geographic誌は写真もきれいで定期購読をしていました。

でも……自転車の乗り方についていくら本を読んだところで、自転車に乗れるようにはならないと思うんです。
本を読んで勉強することで、身につくことも多いと思うのですが、今では費用対効果は結構悪かったんじゃないかと思っています。

 

単語を勉強する

昔は英語の能力をアピールするには、なんといっても英検でした。
英検は筆記テストで、なかでも試験の一部は単語をどこまで知っているか?ということになるため、英単語の勉強は不可避です。
そういうことから、英検対策の単語の勉強はかなりやっていたと思います!
ただし、実際にビジネスシーンで考えた場合、単語を知っていれば文章を読んだり、リスニングには有利なものの、コミュニケーション面ですごく有利に働くかというと、そうでもない印象を持っています。

 

ラジオ英会話

NHKラジオ英会話と聞いて懐かしいと感じる人も多いかもしれません。
本では発音がわからないですからね。
流れてくる英語も、明瞭ではっきりしているので、良かったと思います……が、これで英語を覚えるというのもかなりの自己努力が必要になると思います。

ラジオからの音声を繰り返しで話をしてみても、誰が間違いを指摘してくれるわけでもないし、空白の時間にうまく話せないと、次の文に進んでしまってもやもやしたりとか……

 

英会話スクール

お金はかかりますが、いちばん英語のコミュニケーションの能力向上につながったのは英会話スクールだったと思います。
とはいえ、とにかくお金がかかる!
マンツーマンでの英語レッスンがベストですが、マンツーマンレッスンは本当に高い!
複数人の生徒がいるクラスだと、話せる時間も少なくなりますしね……
とにかく英会話では、自分が話すことが一番大事だと思います。

 

今の時代の英会話勉強法

時代は変わって、今ではいろいろと良い英語学習法があります!

オンライン英会話

英会話スクールと違って、場所はどこでもいい
スマホでレッスンが受けられます。
これって、すごいことで、私自身、実際、出張先のホテルで英会話レッスンをうけたこともあるんです。

時間が24時間選び放題がすごい

私が使っているDMM英会話ではレッスン時間がなんと24時間いつでもOKです。
夜中だと対応する講師がいないのでは?という心配は無用です。
DMM英会話は世界各国に講師がいるのが特徴なんです。つまりどういうことかというと、日本が深夜でも地球の裏側では昼間なので、たとえばヨーロッパの講師が対応してくれるんです。

マンツーマン

当たり前ですが1vs1のマンツーマンレッスンです。
これって英会話スクールのグループレッスンと大きく違うところなんです。
英会話はとにかく話す時間が重要!
1vs1なら話さざるを得ません。
でも、注意しないといけないところは「自分で意識的に話をしないといけないところ」
先生はサービス精神旺盛なところがあって、こちらがドギマギしていると、いろいろと英語で話してくれるのですが、それだと自分が英語を話す練習ができなくなってしまいますよね。

オンライン英会話っていろいろあるけれど、どこがいいの?

私はDMM英会話とレアジョブをお勧めします!

私自身の経験でお話しすると、インターネットを使ったオンライン英会話で英語を勉強すれば、昔の勉強法よりも費用対効果で言うと100倍違うと思います!

オンライン英会話は値段が安く1レッスン25分を200円弱で受講できます。英会話スクールだと同じ内容で4000~5000円くらいはかかるんじゃないでしょうか?実際、オンライン英会話を続けていると昔に比べて、ぐいぐいと英語能力の伸びを感じます。

DMM英会話は世界中の講師と話ができます。

レアジョブ英会話は日本人コンサルタントがサポートしてくれるサービスがあります。

タイプは違いますが、どちらも低価格でオススメですよ。

ちょっと自信がない人向けには自習アプリがおすすめ

ちゃんと話ができる自信がない人には、一人で学習できるサービスがお勧めです。

その中でも、私はスタディサプリENGLISHをお勧めします。

スタディサプリENGLISHですが、スマートフォンやPC上でできる英会話学習サービスです。
なにが良いかというと、一人で進めるものなので、間違えても恥ずかしくないことです(笑)
また自分のペースで進めていけるのは、忙しい人には本当にオススメです。

 

隙間時間にでも、英語の勉強ができる!

オンライン英会話でも1回30分ほどはかかってしまうので、まとまった時間がある人向けです。
ですが、このスタディサプリなら、気が向いたときに始められ、2~3分ちょっとだけやって終わりにする、そんな使い方もできるんです。

 

電車の中でもできる!

通勤時間を英語の勉強にあてることもできます。

基本的にはリスニング能力の向上が便利にできるアプリなので、本当にいつでもどこでもできるという感覚がうれしいです。

 

とにかく安い!1日33円~というしんじられない値段設定。

オンライン英会話も、安くお得に受講できるのですが、スタディサプリはさらにその上をいってます。
月額約1000円なので、日割りにすると33円からという驚異的な値段になるということです。

 

相手は機械なので、間違えてもOK

オンライン英会話でも日常でも、英語の表現や言葉が出てこないとあせっちゃいますよね。
その点スタディサプリは、一人で進めるものなので、間違えても怒られませんし
(オンライン英会話や英会話スクールでも怒られるということはないでしょうけれど)
できるようになるまで、自分で何度も練習ができます。

まとめ

今の時代の英語の勉強法のメリットはいろいろとあります。
なにが一番違うかというと、結果に到達するまでにかけるコストです。
このコストですが、もちろんお金のこともありますが、私たちの時間ということも含まれています。
せっかく英語を勉強するのだから、その時間で確実に英語能力を積み上げたいですよね。

コストといえば、オンライン英会話は無料体験ができます。
ご興味あるかたは一度トライしてみてはいかがでしょうか?

スタディアプリ ENGLISHも無料体験ができます。

スタディアプリENGLISHについてはこちらに詳しくまとめました。

中高年の私が1人で英会話?!「スタディサプリENGLISH」が良さそうな3つの理由
日々英語の勉強をしている私ですが、より気楽に気軽に、できればお安く英語の勉強ができないかな?という方法を探しています。 もしあなたがそんな気持ちであれば、朗報かもしれません! 最近、いろいろ英語の勉強法を探していたところ、良さそうな...
スタディサプリENGLISHをはじめてわかった3つの事
期待の英語勉強サービス「スタディサプリ ENGLISH」の無料体験を開始しました! 使いはじめて初日の感想です。初日の結果はこんな感じです。 はじめてみて、いろいろと分かったことはあったので、ご紹介していきますね。 まずはインスト...
【2019更新】比較!スタディサプリENGLISHのオートリスニングVS英語聞くだけ教材
英語を聞き流すだけの英語教材って、本当に身につくのかな? そんな疑問ありませんか? 正直、私もそう思っているうちの一人です。 私自身、かつてラジオ英会話やインターネットでの英語勉強音読サイトを利用したこともあるのですが、長く続...